5月の後半からWindows7でプチフリーズが発生した原因はNvidiaのドライバでしたっと

それは文字入力を行なっている時突然訪れた。

文字を入力していたら、Windows7が突然フリーズ。文字を変換した直後にフリーズしたので、日本語入力が死んだのだと思った。そして、その日は暑かったので、もしや熱暴走でもおこったか?とPC本体のカバーを開けてほこりを徹底的に取り除いた。

綺麗になって、よしこれで大丈夫だろうと、また作業を開始したところ、またプチフリーズ。そして、今度はマウスの描写がバグったのだ。

これは、もしかするとハードウェアの故障か?グラボか?

そう勘ぐって、まずはハードディスクのエラーチェック。ところが、正常。

次はメモリのエラーチェック。ところが正常。

くそ、グラボかもしれない。

いや、まさか電源か?と思い、もしグラボ or 電源ならパソコン買い替えだ。と考えたとき、ふと思いついた。

そういえば、5月末前後にNvidiaのドライバ更新があったような・・・・。

そしたら、見事に314.22から320.18にドライバ更新をしていたのだ。

同じような現象が起こっていないかをネットで調べてみたところ、同じ現象で死んでる人が結構いたわけだ。

どうやら、GeForce GTX 460 はドライバを320.18にしないほうが良いらしい。

ということで、ドライバを314.22に戻して、その後、こうしてタイプしまくっているが、なんともなし。

Nvidiaが更新してくれと言ってきたドライバで、PCが死ぬとはなぁ。もう少しでPC新調しちゃうところでした。

まだまだこのPCの性能で十分満足しているので、これからも頑張っていただこうと思う。

で、Nvidiaのドライバを元に戻すには?

以下より、自分の環境にあったドライバをDLして、インスコすればOKだ。

32bit版Windows 8・7・Vista向けGeForce 314.22 Driver(163MB)
64bit版Windows 8・7・Vista向けGeForce 314.22 Driver(211MB)
Windows XP向けGeForce 314.22 Driver(142MB)

ノートPC向けの32bit版Windows 8・7・Vista向けGeForce 314.22 Driver(167MB)
ノートPC向けの64bit版Windows 8・7・Vista向けGeForce 314.22 Driver(215MB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です